加齢臭を予防するには体内の活性酸素を抑える必要があります、活性酸素とは体内に酵素を取り込んだ際に作り出されますが活性酸素のやっかいな点は体内の不飽和脂肪酸と結合して過酸化脂質を作ってしまう点にあり、この過酸化脂質が加齢臭の元となります。過酸化脂質を抑えるために生活習慣の改善によって体内に不必要な脂分を溜めないことです。

活性酸素を増やす要因

 

活性酸素を増やすのは非常に簡単で以下の二つを行えば体内の活性酸素は劇的に増えると言われてます。

 

:タバコ

:ストレス

 

この二つのうちタバコはニコチンにより中性脂肪を増やす効果と新陳代謝を減らす効果が発表されており発がん率が喫煙家と禁煙家では喫煙している人のほうが高いなど健康によくないのは周知の事実です。日本でもようやく全席禁煙のレストランや飲食店、宿泊施設などが増えてきており会社内でも喫煙スペースを設けるなど喫煙しない人たちへの配慮が始まっています。

 

ストレスは万病気から起るを表しており、あらゆる病気の元になりますが加齢臭も例外ではありません。人間の体はストレスを感じると活性酸素を作るようになっており活性酸素が加齢臭と如何に密接に関わっているかはサイト内で説明しているとおりです。

 

ストレスは人間の表面にも表れ皺やシミなどストレスによって作られるケースもあり日頃からストレスを感じて生活してる人は実年齢より更けてみえるとの報告もあるほどです。ストレスの解消法は人それぞれですがやはり定期的に体を動かすこと、日光をあびること、充分な睡眠をとること、栄養バランスのとれた食事をとることによってストレスを軽減することも可能です。

 

職場環境、人間関係によるストレスは環境を変えることが難しいケースもありますが仕事とプライベートをハッキリわけてプライベートでは仕事の悩みを持ち込まないなどメリハリのある生活をすることで改善されることもあります。

 

運動の注意点

 

ストレス発散には運動がよいとサイトでも書いていますが急激な運動、短距離走や筋トレなど瞬発力が必要な運動よりも持久力が使われる運動がおすすめです。例えば軽いマラソンや水泳、ジョギング、ウォーキングなどです。

 

加齢臭原因のひとつである活性酸素は呼吸によって作られるので急激な呼吸は活性酸素を作り出しやすい環境となります。そこであまり体が疲れない(呼吸が乱れない)運動を定期的に行うことでストレスを発散させるとよいでしょう。

 

体力がついて呼吸が乱れないようになってきたら少しずつ運動強度を上げていくのが理想です。