当サイト内で加齢臭原因のひとつとして肥満体質を指摘していますが肥満になりやすい人達の特徴として食事から採る栄養分が一日の運動量を超えていると消化されない栄養分が体内で脂肪へと変化し太りやすくなる点が挙げられます。脂肪分は分泌液として(汗や皮脂)体外に出ることで酸化し匂いを発します、加齢と共にこの匂いは出やすく独特な匂いのため加齢臭と呼ばれます。

食生活の改善で加齢臭対策

 

加齢臭=ノネナールの働きを抑えるには抗酸化作用の高い食物を食べるのが効果的です、具体的にはビタミンC、ビタミンEなどがそれです。特にビタミンCには活性酸素を抑える役割が強く加齢臭予防で必ず取り入れるべき栄養です。

 

ビタミンCと言えばレモンやミカンなどに代表される柑橘系フルーツ、果物がありますが柑橘系の食べ物が苦手な人はビタミンCのサプリメントを定期的に採ることで同じ効果を得ることができます。

 

肉料理は中高年の方にはあまり沢山とるのは勧めませんがどうしても肉料理をたくさん食べたい時には一緒に消化を助ける野菜類、スープ、そして香辛料としてワサビやショウガなどの抗酸化作用の強い栄養を一緒にとるのがよいでしょう。肉類の脂肪を抗酸化作用の食物で抑え消化を助けます。

 

そうすることで消化不良で体内にたまる脂肪を減らす効果も期待できます。

 

サプリメントの活用

 

一日に必要な栄養分をすべて完璧に採ることは大変難しく独身の人は食事内容が好きな物に偏ってしまいがちです。足りない栄養分を効率よく摂取するためにおすすめなのが各種サプリメントです。

 

サプリメントは食物だけで採るには大変な量を効率よく採れるようにしたものですが栄養や疲労回復などにも使われています。ダイエットやトレーニングでも使われるほどサプリメントは普及していますが加齢臭予防のひとつとして不足がちなビタミンC、ビタミンEなどサプリメントを使い補うことで体内に抗酸化作用を取り入れることが容易にできます。

抗酸化作用が体内にあることで脂肪分の働きを抑え肥満しにくい体を維持する手助けとなります。

 

もちろんサプリメントだけ飲めばよいわけではなく定期的な運動と充分な睡眠そして栄養バランスのとれた食事を採れるのがベストです。しかし日常生活でそれらすべてを満たすのは難しいので食事面で不足がちな分をサプリメントで補うということです。

 

バランスのよい食事とは

 

バランスのよい食事、それは昔ながらの和食です。特に豪華な食事は必要ありません。ごはん、お味噌汁とオカズがあり三食キッチリと食べると良いのですが自分の好きなものばかりではなく野菜、豆腐、豆類、魚たまに肉類などの食事内容がおすすめです。

 

もともと和食には動物性脂肪が極めて少なく、かつ一日に必要な栄養は充分な優れた食事です。特にお味噌汁や豆腐などの大豆をつかった食品にはイソフラボンが大量に含まれているので脂肪を分解する効果を期待できます。