年齢を重ねて足の匂いが気になってくる人が増えているようですが、水虫など足の病気ではなく靴を脱ぐと匂う、お風呂で綺麗に洗っているのに少し時間が経つと足の匂いが気になるなど今まで気にしないで良かった足の匂いで悩む中高年の方に原因と対策について解説してみます。

 足が匂う原因は?

足が匂う原因として汗の出る穴=エリクソン腺が沢山集まっているのですが1日に足がかく汗の量はコップ1杯ほどあると言われてます。当然ですが汗によって足が濡れている状態なのですが日常では足にはソックスを履く人がほとんどでしょうから足からの汗はソックスに吸収されます。

 

ソックスに吸収された汗は湿った状態で雑菌を繁殖させます。ソックスが乾いていても1日履いたソックスの匂いを嗅ぐと嫌な臭いがするのは雑菌の匂いです。

 

エリクソン腺から出る汗の分泌量には個人差がありますが汗の出やすい人でも雑菌が繁殖しにくい人、繁殖しやすい人がいます。匂いが気になる人が注意すべきことは靴、ブーツなど長時間履くのをできるだけ避けること。

 

密閉された環境(特にブーツなど)は湿った環境を好む雑菌が繁殖するには最高な環境であり雑菌の繁殖を防ぐ、減らすには足を快適な風通しのよい状況に近づけてあげることが大事です。

 

仕事柄、靴やブーツを履く時間の多い人は休憩時間に履物を脱いで風通しを良くする、デスクワークの人なら仕事中はサンダルなどに空気の通しやすいものに履き替えて一日を過ごすなど工夫してみましょう。

 

加齢臭と足の匂い

 

中高年になると足の匂いが強烈になる人がいますが原因として脂肪酸組成という皮脂に含まれている成分が変化することが原因のひとつと言われます。脂肪酸組成が変化すると」脂肪酸が育成されますが脂肪酸は酸化することで匂いを発します。この匂いが加齢臭ですから足の匂いが臭くなるのは加齢によって足の新陳代謝が衰え脂肪酸ができやすくなっているからのようです。

 

肉体の衰えが原因の加齢臭は防ぐのが困難ですが匂いの発する部位を清潔、綺麗にすることで匂いを最小にすることは可能です。面倒かもしれませんが靴下を余分に用意して足が汗で濡れたと感じたら汗をふきとり新しい靴下に履き替える。

 

革靴などの通気性の悪い靴の使用を控え風通しのよい生地の靴に変えるなど汗のかきにくい環境を作ることが必要です、仕事で革靴を履く機会の多い人は通勤時は快適な靴で通勤し会社で革靴に履き替えるなど工夫してみましょう。

 

大事なポイントは汗の出やすい状況では風通しのよい靴を選ぶ、汗はふきとり清潔な足の状況を作ることです。